Welcome to 逗子

またひとり、親しい友人が逗子に引っ越してくることになりました。彼は既に七里ヶ浜にも部屋を借りているので、逗子と七里ヶ浜の二拠点という珍しい形ですが、いずれにしても仲間が近くにいるのは嬉しいし、何かときっと、便利です。まだ引っ越しは済んでいませんが、昨日も東京から戻って4pm頃、駅前のスタバでzoomミーティングしている彼と遭遇し、10分ほどおしゃべり。こういうのはご機嫌だし楽しいです。 逗子は住民約5万人の街で、面積は約17平方キロ。渋谷区とか目黒区と同じくらい、世田谷区の1/4と小さな町です。それに加えて市内の半分くらいは森とか山、それ以外はいくつかのエリアに居住地区が分散しています。それぞれの地区にも小さな商店街がありますが、大きな商店街は街の中心である駅の近辺に3つほど集積しているので、市内の多くの人はこのあたりをウロウロしており知人や友人との遭遇率は自ずと高まるわけです。 1960年代にアメリカの近代都市計画を痛烈に批判したジェイン・ジェイコブズは多様性のある都市の条件として、曲がりくねった道が多いことや域内の多くの場所の用途が同時に2-3以上存在していること、そして古い建物が一定比率存在していることなどを挙げていますが、逗子はそれらを高いレベルで実現できている街だと住んでいて実感します。 近くに友人たちが住んでいて彼らと交流すること自体もさることながら、そんな色んな大人たちとの交流は子供にとってもgood experienceなので、今後も国籍問わず、楽しい方々の流入をお待ちしております。