思ったことを口にする

一造 Ichizo Yamamoto に勧められたNIKEスニーカーデザイナー ティンカー・ハットフィールドのドキュメンタリーの流れで、同じNetflixシリーズ”アート・オブ・デザイン”のビャルケ・インゲルスの回を見た。母国デンマークのコペンハーゲンに屋上がスキー場になっているゴミ焼却発電所を設計したかと思えばグーグルの新社屋も手がけたり、いわば世界一人気の建築家と言っても過言ではないと思うが、その強さの秘訣は何なのだろうと思い巡らしているうちに、ふと以前、ポール・グラハムがどこかでこんなことを言っていたことを思い出した。

「私はこの5つの後悔を逆にして5つの戒めにした。
夢を忘れない/働きすぎない/思ったことを口にする/友達を大事にする/幸せになる」

他の4つはどれもよく言われるありふれたことだけれど「思ったことを口にする」というのは何だか面白いなと思ってメモしていた。そうだ、ビャルケ・インゲルスにも似たようなところがあるかもしれない。「ゴミ焼却場の上をスキー場にしよう」なんて馬鹿げ過ぎていて思いついてもなかなか口にすることは憚られそうだし、外から駐車場を見えなくする集合住宅のアイデアなども、とても単純に彼が感じたことを手段問わず実現したら世界の注目を集めた、、、ということなのだろう。

安藤百福も「お湯をかけて食べられる魔法のラーメンを作りたい」と言い出してチキンラーメンを作ったし、本田宗一郎もとにかく「燃費がよく壊れない乗り物を」ということでスーパーカブ(元はホンダカブ)を作った。全部「思ったことを口にする」ことから始まっている。
ちなみにこれは、何かアイデアを形にするという場面以外でも通ずる真理であると思っている。なぜなら喜怒哀楽という4つの感情があるとして、そのうち喜びや楽しさなど(感謝なども)ポジティブな感情は、もちろん表現した方が相手も嬉しいしその喜びは増幅するし、怒りや悲しみも抑えず表現した方が脳にも体にも良いだろう。特に怒りは扱いが難しいけれど、カッときたときも時差を置いて冷静になって、笑顔でカラッと伝えればややこしいことにはなる確率は大きく減るのではなかろうか。

話がだいぶ逸れてしまったけれど、ビャルケ・インゲルスの言動は何となく今を生きる人たちが必要な何かをうまく補うようなものである気がするし、だからこそそのエッセンスが込められた彼の建築が大きく評価されているのだろうと思う。いずれどこかで彼と会う機会も出てくるかもしれないので、このエントリーも英訳しておこうかな。
そして吉成真由美さんと各界の世界的権威との対談本であるこの中にもビャルケ・インゲルス登場してまして、面白いです。

関与の仕方のダイバーシティ

いわゆるダイバーシティが大事だというのはその通りなのだが、「マイノリティを受け入れる」ということと同時に「関与の仕方のダイバーシティ」が一つの組織内で担保されていて随時スイッチ可能ということも結構大事だし組織として強いのでは?と最近考えている。
結婚や子どもそして介護のようなライフステージ的変化もあるだろうし、人によっては夢を追いかけたり複数のことを同時並行的にやりたい場合もあって、それらが掛け合わさったりもするので人の状況は結構変わる。そして会社の状況だって結構変わる。「少数精鋭で効率的な経営」というのは資本効率を考えれば基本中の基本だし僕も一方ではそれを求めているのだが、「人はちょっと多いけど関与の仕方にダイバーシティがあって冗長性が高い、故に社員の定着率が高く余計なコスト(採用コストやトレーニングコスト、コミュニケーションコスト)がかからない」というのも一つの強さだと結構真面目に思っている。

ソウ・エクスペリエンスは今約80名前後の組織だけれど、商品の企画や販売はもちろん、営業も制作も出荷も顧客対応も一切外注せず内製化している。スピードを優先した結果こうなった、というのが本当の理由だけれど、結果としては上記のようは社員&会社の状況変化への冗長性が比較的高い組織になりつつあるのかもしれない。今後のことは分からないし、狙いすましたわけではない、あくまでも結果論なのだけれど。
もちろん耳障りの良い話だけではなくて、良い形でスイッチする人もいればそうでない人もいるし、全員が100点満点の状態であるとも決して思わない。けれど「比較的みんなが長く働いてくれるかどうか」「みんなが家族をオフィスに連れてきたり、友人を(採用を見込んで)紹介してくれるか」あたりを見ていれば今組織全体がどんな状況なのかは何となく分かるし、その観点で言えばそんなに悪くない、というかむしろ良い状態のように思う。

2年前にカンブリア宮殿に出た際、もう一人同時に出演した大企業の偉い方には「小さいからできるんだよ」みたいなことを言われて腹が立ったことをつい先日思い出したのだけれど、少なくとも当時の15人くらいから100人に近くなってきても今のところは同じ思想で回せている。僕の仮説ではまだまだいけるので、これからも全て実験!のつもりでやっていく所存。そのためにも事業をもっと拡張せねば!!そしてだいぶ遠回しだったけれど一緒に事業を育てていくべく色んなポジションで求人中なので、ご興味ある方ぜひ。ご紹介なども嬉しいです。

https://recruit.sowxp.co.jp/

「子連れ出勤に対する批判あるある」へのご説明

子連れ出勤は僕たちにとっては良い施策だと思いますが、それが普及するかどうかとかは正直どうでもいいと思ってます。
僕としてはとにかく、個人として、会社として、寛容であることは素晴らしいことだし色々メリットもあるのだよということをこのボーナス期間通にできる限り伝えたい。子連れ出勤に限らず。ただそれだけです。
でも、昨日も取材を受けて今のところ世論的には「8割反対」みたいなアンケートがあるようなので、まぁ、それ故に論争が巻き起こってこちらの声を発信するチャンスもいただけるのでありがたいのだけれど、念の為誤解なきよう、主だった反対意見に僕なりの回答というか説明をさせていただこうかなと思い、こちら書いてみました。ご参考になれば幸いです!
==========

「子連れで満員電車は迷惑だ」
・満員電車は避ければいいし、避けられないのであれば多分やめておいた方が良いです(フレックスタイムでの出勤が認められないような非寛容な社風では流石に子供のいるオフィスが受け入れられるとは思いません)
・電車ではなくバスで通ったり、やっぱりベストは自転車圏内とかで子どもとチャリ通な気がします
・それにあくまでもメインストリームは保育園であり子連れ出勤は保育園に通えない(通わない)家庭にとっての次善策のうちの一つなので、どんなに普及しても満員電車が子連れで溢れることはないのでご安心ください

「仕事に集中できないし生産性が下がるでしょうが」
・それはやっぱり下がります
・でも今日または短期的な生産性が下がったとしても合理性を見出せる中長期的なメリットもあります
・分かりやすいものだと採用コスト及びトレーニングコストの抑制です
・子連れでも働けると言えば働きたい希望者はたくさんいますし、既存社員も子どもが原因で離職退職する必要がなくなるので定着率が高く、新たに採用し、トレーニングする人員を抑制することができます(当社には間もなく4-5名の産休明けママが復帰してくるのですが、うち1人は4人目を産んでの復帰です)
・どんなに仕組み化しても最後は仕事って属人化するので会社としては長く働いてくれる人がたくさんいることはとっても助かります(社会全体で見れば雇用は流動化した方が良いはずですが一企業から見るとある程度固定化してくれた方が嬉しいです)
・地域のコミュニティのハブが学校であるように、社内に子どもがいるとそこが起点となってコミュニティが形成されます。業務上のチームや縦横の関係ではないそのコミュニティは、社内コミュニケーションの絶対量を増やし内容も暖かいものになります。こういったキメの細かい絹のようなコミュニケーション・コミュニティ網は生産性を上げることはあっても下げることはあまりありません

「子連れの対象は母親だけで男女差を助長する」
・今回、少子化担当大臣が視察に行かれた会社では、子連れ出勤している社員全員が(パパではなく)ママであるということで子育ての母親固定化に繋がるのではと批判がありました
・ですが当社では頻度問わず子連れ出勤をする社員14人のうち半分近くは男性です(僕も含め)
・ただ、出勤時にいつも連れてくる人といえばそれは女性なので、やはり多少の男女の役割固定化みたいな傾向があることは認識しています(ですが現状それを大きな問題とは捉えていません)

「興味関心主義」
・これはソウ・エクスペリエンスが一番大切にしている価値観のうちの一つです
・人は何かに情熱を見出した方が日々の生活は楽しく、かつ人生そのものが良質な変化に富み有意義なものとなる可能性が高まります
・情熱の対象は一つに絞る必要などないし(僕も常に興味関心の浮気性です)、それらは常に移ろいゆくもの。とにかく幅広く興味を抱くことこそが大事で、そのきっかけの種まきをすべく私たちは体験・経験を提供する事業を営んでいます
・そして仕事や働くことへの興味は人として根本的な欲求の一つであり、働きたいのに働けないという状況は一つの異常事態であると私たちは考えています
・もちろん保育園をはじめ育児のサポート環境が改善されることがベストですが、それが実現するまでは待つこと(もしくは政府を批判すること)しかできないとは思いません
・「預ける/預けない」ではなく、預けていてもたまには保育園(学校)休ませて外せないイベントや行事に参加するのも良いでしょうし、預けていなくても働ける手立てもあるはず。デジタル化しつつある世の中でも、二者択一じゃないことは無数にあります

思ったが吉日の体験型子育て。

カップヌードルが気になるならまず食べてみて、カップヌードルミュージアムに行ってみて、そして安藤百福のムック本も買い与える。その足がかりがあれば新しいものを生み出す発明の大切さを伝えることができるし、(日々がカオスな家庭の説明もつくしw)錦織圭や大坂なおみの胸にNISSHINの文字を見つけた彼らにスポンサーの概念も何となく伝えることができる。(そして何故色んなところにレッドブルのマークがあるのかを都度説明する苦労からも解き放たれる)
宝くじに興味を抱けばまず買ってみる。人生ゲームやりながら「保険て何?」と質問されていたことを思い出し、皆が一様にお金を払うのは宝くじも保険も同じ。それで火事や地震で大変な人を救うのが保険、皆で夢見て楽しむのが宝くじ。みたいな話にも繋げられる。
キャンピングカーもミニ四駆もxxxもyyyも全部どうなるか分からないけど、とにかく可能な限り興味関心主義。思ったが吉日で触れさせる、そこでの体験や新たな知見をできる限り関連づけるということを日頃から意識的に実践している。習い事をしていないのに、習い事をしている暇がない。
このやり方でどんな風になるのか多少の不安がなくもないが、もう走り出してしまっているから仕方がない。とにかくスピーディに、複合的に突っ走るのみ。

正直、子どもには少し難しそうなことを話すことも多いのでどこまで伝わっているのか分からないが、昨日のバスケ観戦の帰り道、車中でこんなやり取りがあって嬉しかった。

子「何でパパ、テレビが付いてる車買わないの?」
僕「テレビ付いてるのも確かに良いけど、もしそうだったら、これまで車乗りながら色んな話したじゃん?あれがぜーんぶなかったかもしれないよ?」
子「そうかー、確かに」

分かりづらい僕の話も多少は面白がってくれているのかもしれない。
往路での道中、途中に寄った鎌倉のミニストップのイートインコーナーで「たまにはいいか」ということでカップヌードルを食べる際、「これを食べられるのは誰のおかげ?」「安藤百福〜!」というくだりは少しやり過ぎた気もしたが。

今のところ興味の拡散はうまくいっているように思うが、これが今後どうなるか。僕の最大の関心ごとの一つであることに間違いないが、(子どもが興味を抱くのは瞬間的なので)「思ったが吉日で体験すること」と「そこで得た知見と物事の関連付け」が大切な要素であるということを、今こうして書きながら振り返ることができて良かった。

ブーメラン的きっかけ

きっかけというのは自分の外部からもたらされるもの。
きっかけをもたらすためには、きっかけを与えること。
情報も発信すれば集まってくるように、きっかけも与えればブーメランのように返ってくる。

体験ギフトはきっかけのギフトで、先日、ギフト経由での体験者数が累計で40万人を超え、今確認したら41万人になっていた。
この41万人は「きっかけを与えられて体験した人」なので、そのワンステップ前には同数規模の「きっかけを与えた人」つまり贈り主がいる。とっても有難いことであると同時に、とっても嬉しいことだ。

もちろんきっかけを与える方法は体験ギフトに限ったことではない。
ふと見かけたニュースを誰かその情報を欲してそうな人に送ってあげたり、ふと思い出したように感謝の言葉を伝えてあげたり、ちょっとした意外な動きが案外他者にとっての良いきっかけになったりするものだ。

よく話すというのも大事なことだ。
僕はこの1-2年でスポーツ観戦やスポーツビジネスに大いに興味を持ち、今年だけでも国内外でバスケ、サッカー、ラグビー、野球など相当数の試合を観てきた。
スポーツそのものには自分が当事者としてプレーすることでずっと親しんできたが、スポーツを観ること、そのきっかけをもたらしてくれたのは一緒に会社を経営しているヤドウマル(通称8100)だ。
彼は異常にスポーツをするのも観るのも好きなので、仕事で一緒に出先に向かう時など事あるごとにスポーツの話をしてくるのだが、その中で(マイケル・ジョーダンの影を追い続けてきた)NBAに現れた新たなスター”ステフィン・カリー”と、それと共に(一昔前のNIKEのように台頭してきた)アンダーアーマーの存在、その話が面白過ぎて一気に引き込まれていった。とにかく寸暇を惜しんで色々観ているので今では次男からDAZNさんと呼ばれるまでになった。

今朝は社内のメンバーの月一恒例の呼びかけで、朝少し早くオフィスに集まり瞑想と写仏を行なった。(写経は知ってたけど写仏は初耳でした)おかげで気持ち良い朝のスタートを切ることができたし、何よりも、きっかけのギフトを作る会社の社内が、こんな風にきっかけに満ち溢れていることは嬉しいなと思った。

そもそも人生がスタートしたのは、自分の意思ではない「生まれる」というきっかけが外部(というか親)からもたらされたこそのものだ。全ての人が等しく、きっかけを与えられた状態で生まれてきているわけで、であれば次は積極的にきっかけを与える、つまり外部に働きかけていった方が良いし、その方がきっと巡りが良くなる。

♯僕が聞いて興味を抱いたバスケットの話は、少し形を変えて「バスケバナシ」というタイトルでnoteに記事がまとまっているので、興味のある方は是非。
https://note.mu/8100

#「きっかけを巡る2つの誤解」というブログを以前書いていたので、そちらもよければぜひ。
https://tak.sowxp.co.jp/2018/07/2086/