意見と人格の分離

ふと思ったことをtweetしようとしたら、整理してるうちに長くなってしまったのでここに投下。師走ですが、何か参考になれば嬉しいです。
「意見と人格の分離」
家庭でも仕事でも、人格と意見はできる限り切り離す傾向で物事を捉え考えていく方が、結果的にスムーズであったり楽に生きられることが多いように思う。
文字で書くと当たり前のように見えるのだけれど、これができていないが故に無用なトラブルやギスギスを量産しているケースは少なくない気がするので、少し書いてみる。

意見って何よ?人格って何よ?各種の意見の総体が人格なのだから意見も人格も似たようなものなの、つまり「意見が違うやつは人格否定に値する」という”意見”も一応、筋は通っていると思う。
でも長年連れ添った仲良しの夫婦にも、支持政党の違いや借家か持ち家かに関する意見の相違は程度の差こそあれあるわけで、やっぱり意見=人格とするのは無理があるような気がする。

最近よく聞くようになった「心理的安全性」という言葉も、根っこの部分ではこの”意見と人格の分離”と強い関連性があるような気がしていて、どんな奇抜な意見や上司・年配者と異なる意見で対立が生まれても、自分の人格そのものを否定されることはないという安心感。多分それが心理的安全性ということなのではなかろうか。

そして大事なポイントは、この「意見と人格の分離」は、主に2つの方法で個人的にも組織的にも鍛錬できる点だと思う。その2つとは心がけと決め事だ。

心がけというのは文字通り心がけで、異なる意見を目の前にしても、まずは相手の意見を自分なりに咀嚼できるよう努めること。(もちろん親子でも。)その際、もし最初に「あなたの意見にちょっと違和感があるのだけれど、いくつか質問してもいい?」みたいに問いかければ、結果的に意見の否定になったとしても、相手は自分の意見が十分理解されている、または理解しようと努力されたことは把握しているので、そこまで険悪な雰囲気に陥ることはないと思う。
その上で、そんなやり取りを暫く続けていれば、やがて双方が納得できる落とし所が見つかるケースは少なくない。

そして決め事というのは、落とし所が見つからなかった際はどう決めるのか、の合意を作っておくということだ。
それが会社組織であれば役職や担当ということになるのだろう。議論は尽くした、でも決定的な解や落とし所は見つからない。では、より俯瞰できる責任を取る立場の人や、もしくは若くとも一番思考量と行動量が多そうな担当者の判断に任せよう、みたいな流れになるのだと思う。
家庭の場合だとどう分担を決めるのが良いのか、今ここでうまく明文化できないけれど、でも似たような考え方が適用できるのではなかろうか。

ちなみにこれは、あくまでも鍛錬なのでスイッチのオンオフみたいに「昨日できなかったことが、今日できた」みたいな類の話ではない。徐々にできるようになってきた(かも?)という濃淡マター。
でも、少なくとも会社とかだと、特に組織を管掌する立場の人が日頃からここで書いたようなことを提案したり実践していれば、そして実践できていないケースを目の当たりにした際に適切に処理(優しくたしなめるなど)していけば、意外と早く「意見と人格の分離」が当たり前の文化は醸成できるのではないかと思う。

自殺者増のニュースを受けて

自殺者が増えているというニュースが頭から離れない。色んな要素が複雑に絡み合い、取り残された、もうダメだと思い詰める人が増えているのだろう。
よく言われることだが、当事者の家族や親族友人はニュースで報道されている数の数倍いるわけだし、更にその10倍くらいの未遂や近しい状況の人がいるに違いない。

僕は一度だけ、あの時ひと声かけておけば良かったと後悔してもしきれない過去があるので、せめてもの懺悔と供養の気持ちを込めて、少しでも気になる人やケアしてあげた方が良さそうな人が頭に思い浮かぶのであれば、一言でも構わないから連絡してあげることを周囲の人にはオススメしたい。

「うーす、元気?特に用はないけど、ふと思い浮かんだので連絡してみた」

だけでも良いと思う。なんなら↑のコピペでもいい。人は用のない連絡を案内有り難がってくれるものだし、喜んでくれるものだ。
喜んでもらえるとこちらも嬉しくなり、良いことできたなと自分を褒めてやりたくなる。そんな他者への働きかけの応酬が、今とても必要とされているように感じる。

昔、自由大学で未来の仕事をテーマに講義を担当していた時に自死遺族のケアをテーマに活動されている方がいて、自分の辛い過去をエネルギーに変えている姿に感銘を受けたけれど、何となく今は4月とは別の形の緊急事態な気がしたので思わず投稿。ちなみに僕は時間の融通がきく人種なので、なんかちょっと励まして欲しいなという人はいつでも連絡歓迎します。

決める。転がす。

「決める」「決断する」というのは勇ましいしカッコいいのですが、時には今すぐ決めず脳内や自分の周辺で転がしておく方が良いこともあります。もちろん逆に、転がさずに決めるべきことや決断すべきタイミングというのもあります。「これでいこう!」という決断内容は大事だけど、決めないことを決める、つまり暫く転がす判断というのも結構大事ではないかと思っています。

決まるまでって不安だし、皆の意見やビジョンも揃っていなかったりするので気持ちが落ち着かないものですが、内外の知見も集約しながら熟成させていくプロセスによってより洗練されていくアイデアというのは確実にあります。むしろ初期のアイデアなんて概ねそんなもので、それらを他者に話せども理解されず、でも質問を受けたり答えたりしているうちに考えが整理され輪郭が浮かび上がってくる。そういう性質のものだと思います。

一方で機は熟して決断すべきタイミングなのに、それをせず転がし続けることによって無為な時間を過ごしてしまうケースも結構あります。「時間がかかる」というのはそれ自体でも工数や人件費的にコストですが、それ以上に問題なのはサンクコストが大きくなり過ぎて失敗を認めづらくなってしまうこと。時間をかけるほど、失敗が許されなくなり更に時間をかけて慎重に検討する、その悪循環が問題の本丸なので(MRJ。。)やはり決断のタイミングは見極めてサッと決めなくてはなりませんね。

別に誰かに何かの主張をしたいわけでもなく、自分自身、「決める」「転がす」双方に色々な失敗や反省があるので、それを踏まえてより良いジャッジをしていけるよう自戒しながら書いているのですが、強いて言えば「決める」ことの方が大事な気がします。というのも「転がす」というのはあくまでも、いざとなれば「決められる」ことが前提の上での話なので。そして、より大事なのは「今は決めるべきか、待つべきか」を意識して事を前に運んでいくことかなと思っています。(ちなみに日常的な会話でよく繰り広げられる「いつか◯◯したいです」「機会があれば◯◯」みたいなものは、その9割以上は「なぜ今すぐやらないのか?」「すぐやっちゃえば(それがうまくいこうともいかずとも良い経験値となり)より面白い展開が待ってそうなのに」という類のものが大半な気がしています)

ちなみにこのテキストそのものも、以前書いて文字通りメモ帳上に転がしておいたのだけれど、何となく気が向いたので投稿。何か参考になれば幸いです。

ギフトに関する滞りをなくしたい

今日、久々にオンラインではなく対面で取材を受けたのですが、スムーズですねー、対面。やはりオンラインでの微妙なレイテンシーは、人間の対話や思考に少なからず影響を与えているように思います。

それはそうと、取材に受け答えする中で自分の口から出てきた「ギフトに関する滞りをなくしたい」という言葉は今の自分の気持ちを上手く表現しているような気がして、自分で言って自分の脳内にメモりました。(正確には言葉としては発していない可能性も高いのですが、要は対話を通じてインスピレーションを受けたということです)

贈り物って、贈る頻度は人によってそれぞれですが、よほどのプレゼント好きじゃない限り多くの人は、何を贈ろうか、いつどこで買おうか、少なからず迷ったり困ったりしていると思うのです。それは、検索エンジンのクエリなどを調べていてもよく分かる。
どんなに迷っても結果的に何かしら見つけてプレゼントを贈ったり、もしくは何か贈る代わりに食事やレストランに連れて行ってあげたり、場合によっては手紙やメッセージを贈ってあげられたら良いのですが、実際には何となく「贈らなくちゃ」と思って探してみたりもしたけど、妙案浮かばず気づいたら月日が経ってた、場合によっては翌年になっていた、みたいなことも多いのが事実だと思います。

この、それぞれそんなに大きくはないけれど普遍的に存在している潜在ペインは、総量としては膨大です。個人に限らず法人とか、様々な主体が様々な場面で贈り物を必要としていますからね。

僕は「気持ち良い空間で時を過ごしたい」のと同じくらい「探す時間(あと待つ時間)が嫌い」という理由で比較的整理整頓をする方なのですが、贈り物もせっかく贈ろうと思い立ったのに、結果的に妙案浮かばず贈らない、他者を思いやる気持が芽生えたのにも関わらず表出せず、相手に伝わらず終わってしまうことが残念で仕方がない。何かを贈ろうと思った時、確実に脳のニューロンに化学反応が起きて、それは筋肉運動に伝達されて検索に繋がり、どこかにあるGoogleのサーバーは電力を消費して検索結果を返したと思うのですよね。間違いなく思いが相手に届くプロセスを歩み始めたはずなのに、それが相手に届かず途絶えてしまっている。それが事実で、とても残念に思えて仕方ありません。

繰り返しですが、この潜在的ペインは膨大です。単にギフトに関する情報を整備すれば良いのかと言えばそうでもなくて、Google以上の情報整備屋さんを立ち上げる自信も実力もない。でも、皆が困っていることが明らかなのだから、答えた方が良いし答えたい。(例えば緊急事態宣言化で医療従事者に謝意を伝えたいけど具体的な方法がなくて何もしなかったという人も多いハズ)最近はこんな思いに突き動かされながら少し先の未来を構想し、実現すべく奔走しています。膨大なペインがあるので、色んなアプローチが必要な気がするので。

「あ、なんかちょっと良くなったかも」

と感じていただけるように変えていければと思うので、もうしばらくお待ちください。

eギフト

img4_01-99619778c111d7e4f9d0d46fb7706d504727f4f41e6f0c933e11155c2492c501-COLLAGE

宣伝です。少し前になるのですが、ソウ・エクスペリエンスからeギフトをリリースしました。離れた相手に贈り物を届けたい、けれど住所が分からないし尋ねるのも野暮だ、という時にLINEやメールで送れるタイプのギフトです。今のところ商品ラインナップは2つ。1つは従来から体験ギフトの中では比較的廉価で人気の「カフェチケット」。全国の大都市中心に、個性あふれる色んなカフェでランチやお茶などを楽しめます。もうひとつはeギフト専用商品として2週間ほど前にリリースした「おうち菜園の贈り物」。ハーブやトマト、シイタケやアスパラなど色んな野菜からお選びいただけます。もちろん最近はgifteeやLINEギフトはもちろん、スターバックスのアプリなどeギフトも選択肢がだいぶ増えてきましたが、ソウ・エクスペリエンスのeギフトも独自の色があって面白いと思うので、何かの機会に使ってみていただけると嬉しいです。