恭賀新年、2014。

※2014年を迎えたSow Experienceの年始の挨拶です。

新年明けましておめでとうございます。(東京では)2014年も元旦、最高の天気に迎えられつつお正月を迎えることができました。

不思議なもので、普段忙しく働き長期の休みが早くやってこないかなと思ったりしていても、年末年始をゆっくり過ごし、正月休みも後半になってくると少し暇をして退屈し始めたりするのではないでしょうか。

暇というのは不思議な言葉で、人は普段は余暇が欲しいと思いながらも暇になると退屈します。 そして人に「暇だね」と言うのは一般的には失礼なことだと理解されます。言っている方も言われている方も元々は余暇を欲していたはずなのに。

要するに人は暇や退屈に慣れていないし、正しい向き合い方を知らなさそうですが、それもそのはず。人類の200万年の歴史の中でその99%以上は狩猟採集民として常に移動して過ごし、日々異なる環境下で暇など感じる余裕もなく必死に生きてきたのにもかかわらず、現在を含む後半の1%で定住生活を始め、それまでに獲得した身体的な能力が手持ちぶたさとなり時間も持て余してしまったのですから。 そういえばラッセルやハイデガーパスカルといった西洋の哲学者も「暇と退屈」について大いに考え、著しているところを見ると暇というのは今を生きる人類の最大のテーマとも…

後半は年始に読んだ本(『暇と退屈の倫理学』)からの受け売りですが、仕事だって遊びだって人生という壮大な暇つぶしの手段。 であればどのパーツも楽しい手段(=経験)で形作っていった方が良い。つまりGood Experience, Good Life.

ソウ・エクスペリエンスは今年も皆さんのより楽しく、より愉快な暇つぶしに向けた相談相手として全力で走っていく所存です。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

2014年元日 ソウ・エクスペリエンス株式会社 代表取締役 西村 琢