決戦は金曜日、ではなく4人が3人になった時。

今日の、日常の非日常。

まずは何よりも、ダチョウはうまかった。(参照:ダチョウの話) 食べものの写真を気軽に撮るのが好きではないので撮影などしてないが、たたき、ソーセージ、ミートローフ風なもの、色々食べた。 中でも生で食べるたたきが一番美味しかったのには驚いた。まるで刺身のよう。 こんなにうまいと、ダチョウ牧場を経営したくなってくる。

昨日帰り際にふと思ったのだが、食事の席というのは、誰かが席を立ってトイレに行った時が腕の見せ所ではないか。 例えば4人で食事をしていて、それが3人になると空気が変わる。 既に大いに盛り上がって一人減ったことにすら気づかないような場合もあるが、そうでない場合は、この3人になって空気が変わった時、どう話を切り出すか、どんな話をするかは、腕の見せ所だと思うのだ。 皆が待ちの姿勢だと、そこには寂しい静寂が訪れてしまう。それだけは避けなくてはならない。さぁ、どうする!!!なんてくだらないことを、昨日帰り道で酔っ払いながら考えてました。