好奇心。

子どもは12月で2歳になる。早いものだ。もはや赤ちゃんではない。 そして当面の僕の目標は、彼並の好奇心を取り戻すことだ。 無目的なプロセス(電子レンジを開け閉めしたり)を徹底的に楽しみ、踏切で10分眺めた電車にバイバイしようとしたら泣け叫び、流れ行く川をアーウー言いながら見続ける、その好奇心を。

「子どものように絵を描けるまでに一生かかった」

と言ったのはパブロ・ピカソだが、子どもを見ているとそんな心境になる。負けていられない。

__.JPG