未来の仕事、拡張中。

今日は未来の仕事Dayだった。

昼は12期受講してくれた女性がマクロビ弁当を持ってきてくれた。 SowExperienceのスタッフ全員とシェアオフィスの方も少々で14人分。 ひとり500円の設定でで原材料費ギリギリという感じなので、すぐにインディペンデントな仕事になるわけではないが、一歩前進したかな。 今は大企業の正社員として働いている彼女なので、やる気と材料はあっても有給休暇が足りないという状況なのだが、うまく折り合いつけつつ自分の仕事を立ち上げていってもらえればなと思う。

そして午後はデスクワークしたりディスカッションしたりシェアオフィス見学の方と少し話しつつ、夜は未来の仕事<実践編>。 今日は第2回目の講義で、前回軽く紹介してもらった皆さんのプランを再びスライド3枚×2分で発表していただく。 次回までは譲れない部分と柔軟な部分を模索すべく、とにかくアイディアを拡散させようということで、兄貴分的仲良しである林さん(東京R不動産)をゲストにお呼びして色々コメントをいただく。色々と、流石。

後半は僕とアシスタントのヤエオと受講生の皆さんで振り返りつつ、次回までの課題を設定。 前回ほどではないものの今日も遅くなってしまったので、夜は二子玉川でひとりメシ。

というわけで今日も良い一日だったわけなのだが、自分の仕事を自分で立ち上げることこそ最高のGoodExperienceであるというのは強く思うところだし、発信してできることならサポートしていきたいという思いは募るばかりだ。 今の講義は続けていこうと思っているが、この方法にはある種の限りがあるので、また別の方法で。

だから今年は前回のBlogでも書いたように、自分の仕事を立ち上げる人を色々なアプローチで応援していくビジネスを立ち上げようと思う。

講義はより一層気合いを入れてやるし、シェアオフィスであるSproutは現在Webサイトのリニューアル準備を進めており年内にもう1-2拠点ほど増やす。そして仕事旅行と連携強化していくことも決まったし、この全体的な意気込みを表現して狼煙を上げるべく本を出版する。 既に一番信頼できる編集者のサポートも得ておりライターも色んな場所に同行してもらってる。

就職や転職の際にはリクルートが強い見方だけれど、自分の仕事を立ち上げる時にはSowExperienceだよねと頼ってもらえる、そういうポジションを目指すのです。これもひとつの、大切なGoodExperience。

いくよいくよ。

写真