2008年4月、良好なスタート。

▼今日、4月1日、1年半か2年ぶりくらいにこの会社を訪問した。 受付に立ったその瞬間、ものすごいエネルギーが伝わってきた。 聞くところによると、社員は当時から5〜6倍に増え、オフィスもフロアを増床していた。 YT専務もお元気で、色々お話をさせていただいてとても刺激になった。 ▼この刺激が覚めやらぬうちにオフィスに戻り、一造と自社のビジネスモデルについて話し合い。 非常にエキサイティングな話ができたと思う。 はたから見たら同じような議論を繰り返しているように見えるだろう。 自分たちでもそう感じる。 でもきっとこれは螺旋階段で、見える光景は似ていても着実に階段を上っているのだと思う。 心からそう信じられる自分のオメデタイ性格を褒めてあげよう。 ▼そしてこの興奮が覚めやらぬうちに、3ヶ月の入院生活を本日終えた母と久しぶりに“家で”会う。 無事に、そして特に後遺症もなく戻ってきてくれたことを本当に嬉しく思うと同時に、前倒しの親孝行を心に誓った。 そして、この期間中に学んだことは計り知れない。 今後良い形で、僕の思考や行動に影響をもたらしていくと思う。 2008年4月1日、なかなか良好なスタートを切ることができました!