元まめ、佑資の躍進。

▼I strongly think that it's so important to put myself in the varieties of fields, surroundings and circles. I 'm a representative of sow experience inc. of course, but I'm also a student of Schooling Pad. This "double position" situation have inspired me so much, and a lot of ideas have flashed into my mind. ▼今日は僕らのチームの一員である佑資について書こうと思う。 大学3年生の彼は、今、既にまめ(学生スタッフ)という枠を卒業し、社内で欠かせない存在となっている。 その活躍の経緯を簡単にまとめると、以下のような感じだ。 ▼彼はそもそも、第1号まめとして、今年の3月くらいに僕ら(といっても当時オフィスにいたのは僕と一造の二人だけ)のオフィスに来るようになった。 はじめの仕事は、商品の梱包&発送作業。今でもまめに求められている最も大切な仕事だ。 当初、彼は梱包・発送をたんたんとこなし、次第にオペレーションの改善をどんどん提案するようになった。 父の日特需等もあって、「改善しないと回らない」という状況だったが(笑)既に懐かしい。 ▼その後、まめが10粒(人)前後までに増粒し、彼は続々とやってくる新まめの教育担当になった。 もちろん僕らも新まめとコミュニケーションを積極的に図るが、仕事の説明等は、ほぼ彼に一任していた。 おかげで僕らは、自分たちのやるべきことにかなり集中することができた。 そして、今では、「月曜のまめは○○、火曜は○○」みたいな完全なシフト制が組まれるまでになったし、まめの仕事も、Wiki上で全て共有されており、いつでもどこでも、確認できるようになっている。 そして今、彼は更に自分の仕事範囲を広げるべく、ネット販売のプロモーションや、僕がやっていた経理作業等にまで活動範囲を広げてきている(笑) ▼既に「いるのが当たり前」の状態になっているのだが、昨日、ふと、↑のようなことに気がつき、純粋に「すげー」と思った。 彼は、以前、「もう僕はまめじゃありません!卒業します!」宣言をして物議を醸したが(笑)、なるほど、確かに、今の活躍ぶりは、有限実行と言う他ない。 彼、名前はとても平凡ですが(笑)、かなりのツワモノに違いありません! 今後もよろしくね☆