「子供」ではなく「友達」「パートナー」。

▼今日は月末の銀行処理。 こうして頻繁に銀行を使っていると、改めて、銀行の大切さ(というよりも生活における不可欠さ)に気が付く。 ▼夜は大勢集まって、ハイパーおばあちゃん邸でパーティ。 一通り盛り上がった後は、皆でラブ・アクチュアリーを鑑賞。 素敵ですね、この映画。 この中に、僕が理想とする親子像が描かれていました。 自分の子供を「子供」としてではなく「友達」とか「パートナー」として、付き合っていきたいです。

ラブ・アクチュアリーラブ・アクチュアリー

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-01-01
売り上げランキング : 680

Amazonで詳しく見る
by G-Tools