起業についてリアリティを感じながら考え抜ける場を創るべき。

▼今日は昼過ぎ、バリュークリエイトの勉強会に山本と共に参加してきた。 テーマは、どうやったら学生から経営者になれるのか?。 議論をしながら、色々と考えさせられた。 ▼僕は、自分のように学生を経ていきなり会社を立ち上げて経営者になることだけを、強くすすめるつもりは毛頭ない。 色々なケースがあって良いと思うし、色々な働き方をする人がいて初めて、社会が成り立つのだから。 でも一つだけ強く思っていることがある。 それは、起業という一つの選択肢に関してとことん考え抜いて、それは自分が進むべき道なのか/そうでないのか、ということを見極める場所が、学生のうちからもう少しあって良いと思う。 ▼その理由は、今、あまりにも多くの人が、起業すべきか否か、そしてそれはいつか、という問題に関して迷いや悩みを抱いている気がするから。 もちろん最終的には、自分で考え抜き、答えを出さなければならないと思う。 ただ、もう少し、“起業すること”にリアリティを感じつつ、真剣に考え抜く場があって良いと思うのだ。 ▼僕が参加していた松下電器の事業プランコンテストは、まさに、そんな場であったと思う。 単なるコンテストではない。勝ち残れば、あの松下電器から、出資してもらえる。 当然のことながら、皆、真剣になり、ひたすら頭を捻ってアイディアを出す。事業計画を立てる。 そしてステージがどんどん上がっていく。あわせて、緊張感やリアリティも高まっていく。 その過程で、起業という選択肢が実は自分には合っていないと言うことに気づき、自らやめていく人もたくさんいる。 一方で、リアリティが増すごとにますます本気になる、僕のような人もいる。 どちらにとっても、ハッピー。形は違えど、お互い一歩ずつ、本質・本心に近づいたから。 ▼僕は松下の事業プランコンテストがなかったら、今どこかの会社で働いていた可能性が高い。 やはりあのコンテストは、計り知れないほど大きなきっかけとなった。 最初で最後になってしまった松下の事業プランコンテストに参加・合格できたことはこの上ない幸運だと思うが、今日のバリュークリエイトの勉強会に参加して改めて、このような場を世の中に提供できれば素晴らしいと、強く思った。 お膳立てし過ぎることは、絶対に良くない。けど、きっかけを与えることはできると思う。