コンセプトは芋づる式。

▼昼過ぎ、坂野さんの新業態・新店舗が学芸大学に今日オープンなので、オフィス近くの第一園芸で花を買ってお祝いしに行く。 とても喜んで頂けたようで、僕も嬉しい。 やはり贈り物は気持ちに豊かさを与えてくれるね! ▼学芸大に開店したのは、Qucik Shapeというコンビニ型フィットネスクラブ。 コンビニくらいの大きさの店舗内に14のマシンが円形に並んでいて、順番に1分ずつ、2周するというもの。 賞味30分で、日ごろの運動不足を解消できますよーっていうコンセプト。 シューズやウェアもレンタルしてくれる。まさに手ぶら。 興味のある人は是非! ▼その後、営業。今回は飛込みではない。以前営業をかけてうまくいったところの、ご紹介。 そもそもそこも、丸の内起業塾須賀さんのご紹介だった。 そして今日の営業はうまくいき、更に色々とご紹介して頂けることになった。 ということは次は、ご紹介のご紹介の、そのまたご紹介!(笑) ▼スタッフが今後どんどん増えても、このような好循環を維持できたらすごいことになると思う。 「ソウエクスペリエンスの方が来たら、トップ(もしくはその場で意思決定できる人)が直接お話しする」なんていう常識を作っていけないだろうか。 そのためには、僕らのスタッフだって、たとえ入ったばかりだとしてもその場で意思決定できなければならないし、更にそのためには、理念的なものや価値判断基準などを共有できていなければならない。 ▼ではどうすればそれができるのか?と言えば、様々ななチャレンジを一緒にして、その経験から暗黙知的な共有情報を蓄積していくことだと思う。 これは、SYNCでの経験則があるので、ほぼ間違いない。 ここら辺、しっかり意識しておこうと思う。