ブリンケン国務長官と所ジョージ

毎度国際ニュースでブリンケン国務長官を見るにつけ、まるで映画のワンシーンのような印象を抱くのは僕だけでしょうか。控えめに言ってカッコいいです、彼。

ところで我が家の子どもたちは本当に興味の赴くままに生きていて、逆に学ばされることが少なくありません。所ジョージみたいな趣味人でレゴミニ四駆マイクラからのルービックキューブと思いきや自作パソコンに魅力されて、隙を見つけてはヨドバシカメラにキーボードとマウスの打鍵音を聞きに行く長男。とにかく様々なお話が大好きでいつも虎みたいに振る舞いつつフルーツも大好きでいつも何かの皮を剥いてる次男。そして2歳児はゴミ収集車が大好きなので、今ひたすらゴミ収集車にまつわるものを与え続ける実験中です。明日の誕生日はゴミ収集車の詰め合わせ。
どんな風になるか全く読めませんが、食いっぱぐれることがないよう見守りつつ、あとは野となれ山となれ精神でいこうと思っています