控えめに言って最高なパラ

242332435_10159036754833347_5106418657118894870_n

パラリンピックには希望しかない。
直近の投稿やblogで書いたこと、文章が下手過ぎてうまく表現できていないのだけれど、要するに伝えたいのはそういうこと。
ドイツ発のダイアログ・イン・ザ・ダークでは真っ暗闇の中で何かしらのアクティビティを行うことで、、健常者は視覚を奪われた途端一歩も動けなくなる一方、盲目の方は日常の延長なので普通に行動できる。そんな「健常者と障害者を一時的にでも逆転させる」ことを目的としたように、パラリンピックは、より多くのスケールで世界中の人々に新たな視点、新たな環世界の獲得を促すものなのだと思う。
パラリンピックの視聴者が増えるほど、世界が少し丸く優しくなる。そんなの、控えめに言って最高ではないか。