何となく無題

池袋の自動車暴走事故、被告は控訴しないとのニュースが心に残った。奥さんと子供を亡くした方の発信はとても理知的な印象を受けていたので、これで少しでも穏やかな気持ちを取り戻すことができればと願うばかり。
そして被告は判決を受け、やはり自らに非があったことを全面的に受け入れ心からの謝罪をしていると。いやいや最初から分かって、、、と突っ込みどころは沢山あれど最終的に受け入れたことは評価したいし、被告が過失を認めず真っ向対決になったからこそここまで社会問題化し、(コロナでデジタル化が一気に加速したように)高齢者ドライバーや自動運転にまつわる様々な議論が加速した可能性は高いように思う。2人の命はひたすら重いが、きっと、そういう形で社会に還元されるのだと思えば少しは気持ちが和らぐのだろうか。僕は完全なるただの傍観者なので知る由もないが、ともかく遺族の方にまずはお疲れ様を伝えたい。
ちなみに同様な人も多いかもだが、歩いてる時も運転の時も、僕は必ずドライバーの年齢は確認するようにしていて、それにより自分の行動を変えている。自動運転プログラムに「手動×高齢者」運転と思しき車の近くは回避するアルゴリズムが追加される日もそう遠くないのではないかと思う。もしくはもう既に実装されていたりして?!あり得る。