7/31 晴れ時々パンク直る

今朝は念願の、パンクしたチャリのタイヤ交換。幸い内側のチューブが破裂しているだけだったので、10分ほどで直してくれた。空気圧が前より高くなった自転車は快適そのもの。これで、オフィス移転に伴いこれまでより5〜10分ほど長くなるチャリ通勤もスムーズにできそうだ。

その後、妻のお兄ちゃんの家(ご近所)で名取くんによるお絵描き教室。「絵が苦手という人が多いけど、それは単に形を描くことが苦手なだけ」と言うだけあって、名取くん呼びかけのもと大人と子ども総勢5名で描いていく絵は、とにかく何でもあり。絵の具を水滴にしてたらしたり、折り紙を貼り付けたり、また上から塗ったり逆にティッシュで拭き取ったり、しまいには良い塩梅にぐちゃぐちゃになったクレパスをそのままぺたりと貼り付けたり、、、
絵を描くというよりも、とにかく思うままに筆を走らせて色を重ねていく感じ。これ飾ったらとてもカッコいいと思うな。ちなみに名取くんは、NHKとかWOWOWとかスマスマのジングルアニメーションとか作っている切り絵アニメ作家です。プロ中のプロです。

夜は東京仕事百貨2周年を記念した、24時間連続インタビュー。30人以上のゲストを連続で迎えて代表の健太くんが対談で喋り続けるこの企画、僕は最後から3番目なので健太の疲れも頂点に達しているかと思いレッドブル持参で会場入り。お話の模様は下記からご覧いただけます。
それにしても、仕事百貨は早くも2周年。僕の知人でも仕事百貨経由で新しい仕事に就いた人も何人かいたりして、一部のコミュニティにおいては確実にひとつのサービスとして確立されつつあるように思う。過去において「リクナビやフロムエーが全てではない。ユニークな仕事を集めたメディアをつくろう」と考えた人はたくさんいるはず、でも、なかった。健太くんが凄いのは、とにかく思い立ってすぐ実行したことだと思う。有言実行、というよりも有言速攻ですね。今回の24時間ライブだって、やっぱり実行してしまうと面白いし、ネタになるし、勉強にもなるし、良い事尽くめなのですよね。そんな風に健太くん及び仲間のPちゃんたち自身が楽しく働き、アイコンとなり、ますます東京仕事百貨が発展していくことを願って止みません!お疲れさまでした。