手紙を書く際の時制について。

▼今、ふと迷ったことがあった。
手紙を書く際の「時制」についてだ。
日々の業務の中で商品サンプルとか契約書を送ったりする際に、手紙(といっても一言ふたことですが)を添えるようにしているのだが、その際に用いる時制にふと、迷いが生じた。
以下、商品サンプルを送るケースを例にしてご説明。
▼「商品サンプルをお送り致しますのでご査収ください」
という「現在視点」から書くのが一つ目の方法。
でもこの場合、僕はまさに今手紙を書いているが、読み手からすれば、いくら「お送り致します」と言われても既に手元に届いているので、ちょっと違和感があるかもしれない。
▼そこで出てくるのが
「商品サンプルをお送り致しましたのでご査収ください」
という「未来視点」に立って書く方法。
これは読み手に取っては腑に落ちるかもしれないが、「お送り致しました」と断言しているのにもかかわらずまだ僕の手元にあるので、僕は若干嘘をついていることになる。
僕は新卒入社をしたことがないので、いわゆる「新人研修」というものを受けたことがないのだが、そういうことを教えてくれるのだろうか。

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で 日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
水村 美苗

筑摩書房 2008-11-05
売り上げランキング : 57

Amazonで詳しく見る by G-Tools