海外進出の実感が湧いた有意義な一日。

▼今日、日本に進出をしようとしているとあるフランス企業の代表の方とのミーティングがあった。
ことの発端は約1ヶ月前、フランス大使館から「○○という会社が日本でパートナーを探しているのでぜひ会ってくれないか」という連絡が入った。
なるほど、大使館はこういう風に使えるんだなと、この時点でかなり勉強になった。
▼そして今日、まさに日本を含めてグローバルに展開しようとしている企業を目の当たりにして、大いなるインスピレーションを得ることができた。
もちろんSONYやホンダ、マクドナルドやGoogleなど、世界各国で事業を展開している企業はたくさんあるし知っているのだが、今日のような経験を経ると、一気にリアリティが湧いてくる。
そういえば学生の頃、起業したいという漠然とした思いが、数人の起業家に実際に会うことによって一気にリアリティが湧いて、自分でもできる気がした(そして実際にやってみた)感覚と似ている。
▼僕の大好きな言葉に、次のようなものがある。

Where there’s a will, there is a way.
(意志のあるところに、道はひらける。)

ソウ・エクスペリエンスの挑戦は、まだまだこれから、始まったばかりだ。
そして今日のこの1時間のミーティングだけで、企業価値は10倍くらいになったかもしれない笑