20代は、食っていけないくらいでいいんじゃないか。

▼Let’s noteの開発秘話が書かれたこの記事が面白かった。以下、少し引用。

どのパソコン・メーカーも同じ課題に直面していると思いますが,OSはWindows,プロセサは(米)インテルか(米)AMDの製品で,根幹の機能や仕様の面では,他社との差異化のしようがない。ではどうするか。社内では「そうしたデジタルな面では差異化できないので,アナログな面で勝負すればいい」と言っています。まさにLet’s noteが売りにしている軽量性,長時間駆動,堅牢性は,先ほどお話ししたように努力や根性という言葉がふさわしい,地道な改良が効いてくるところです。
 精神論になってしまって恐縮ですが,そんなアナログな要素が,決まりきった仕様以上の商品価値につながっているのでしょう。これこそ,日本のメーカーが手掛ける意味,日本の工場で作る意味があるところなのではと思っています。

▼先日の真木とのメッセのやり取りの中から、彼の発言を紹介。

20代は、食っていけないくらいでいいんじゃないか?笑
インディペンデントでやってるやつ以外、20代で食えてるのは会社のおかげでしょ。
村上春樹は「30歳成人説」を唱えてました。

▼今の事業を始めてから、過去何人かに「観た方が良い」とすすめられた『ゲーム』をようやく観た。
こりゃー、すごい。最後の請求書がいくらだったのか気になる。

ゲーム ゲーム
デビッド・フィンチャー マイケル・ダグラス ショーン・ペン

東宝 2000-12-21
売り上げランキング : 13569

Amazonで詳しく見る by G-Tools